Works

自然素材のいえ

敷地は東京近郊の緑の多く残る住宅街の中の傾斜地にあり、高低差のある敷地形状に沿って北側の床を半階上げたスキップフロア構造としました。段差により散りばめられた複数の居場所が緩やかに繋がるワンルーム的空間としています。
また、敷地周辺の自然を取り込むように開口部を配置することで、外部環境が室内に様々な表情を与え、多くの場面を作り出してくれる心地良い空間となりました。

設計内容 傾斜地 スキップフロア
所在地 東京都町田市
延床面積 90㎡
構造 木造
竣工 2012年
構造計算 桑子建築設計事務所
撮影 太田拓実